×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

p53誘導体フコイダンエキスを激安で入手するには

p53誘導体含有全分子フコイダンエキス実感お試しセットが激安

 

2015年10月。名古屋において開催された「第74回日本癌学会学術総会」で、シンゲンメディカル株式会社札幌医薬研究所の所長である高橋延昭氏より、p53誘導体の構成要素の一つである「p53誘導体 DBグルコース」によるラス癌遺伝子形質転換株細胞の固形癌成長への抑制に関する論文発表が行われました。
発表では「p53誘導体 DBグルコース」による固形癌成長抑制試験がもたらす結果の重要性と、論文が持つ影響の重要性を鑑み、講演・ディスカッション形式での論文発表の場が割り当てられることになりました。
題材となった試験では、癌幹細胞の特徴を持ち、すべての固形癌の元になり得る「ラス癌遺伝子形質転換株細胞w14」に対して「p53誘導体 DBグルコース」を飲用したマウスにおいて、ほぼ100%に近い癌成長抑制効果をもたらすことが明らかになりました。
詳しくはhttp://www.fucoidan-labo.comをご覧ください。

 

簡単に言うなら、がん補完医療の複合体成分としての「p53誘導体」とp53誘導体の構成要素である「p53誘導体DBグルコース」に、がんの成長を抑制する効果のあることが明らかになったということです。

 

このp53誘導体を含有した唯一のフコイダン製品として、がんの補完医療現場から注目されているのが、全分子フコイダンエキスです。率直に言えば、決して安価なものではありません。
しかし、今回は1,500円の全分子フコイダンエキス実感お試しセット”が用意されました。「激安」という言葉は好きではありませんが、今回はあえて激安という単語で紹介してみました。製品本体が安価なものではないだけに、実際に自分で飲んでみて、その効果を実感できたらオーダーしてもらえばいいと思ったわけです。。

 

実は、私の身内が8年前に胃がんに罹りました。検査の結果、スキル性胃がんでした。医師はあえてステージについては教えてくれず、「できるだけ急いで胃の全摘手術を行います。難治性の高い癌ですから、予後にも細心の注意が必要です」と告知されました。当時、偶然にもフコイダン飲料を扱っている人と知り合いになっていたため、優先してフコイダンを融通してもらえることができ、手術までの2週間と術後落ち着いてからの数ヶ月間、とにかくフコイダンを飲ませました。
主治医は「手術後、体力の回復を待って抗がん剤治療を予定しています」と言っていましたが、「予想以上に回復がいいみたいなので、抗がん剤はもうしばらく様子を見てからにしましょう」となり、退院後も抗がん剤治療をすることはありませんでした。

 

幸いなことに、がん保険で受け取った一時金がありましたから、退院してからも約1年間ほどフコイダンを飲ませ、併せて「キノコと同じ菌類の健康食品」を飲んでもらいました。
スキルス性胃がんの告知を受けた時は覚悟をしましたが、主治医の懸命な治療やフコイダン、そしてキノコ由来の健康食品が功を奏し、今は元気で命を永らえています。
抗がん剤や放射線はガンに有効な治療だと思いますが、その副作用で体力を消耗し、結果としてがんに負けてしまうこともあるそうです。だからと言って、何も考えずにがんの補完医療や代替医療に走るのは危険です。冷静に考え、試してみる価値があると判断すれば、利用すべきでしょう。がん患者とその家族にとって、何がベストな選択なのか…。できれば、客観的にアドバイスを送ってくれる人と相談しながら判断していただきたいと思います。
p53誘導体研究に関する動画はこちらからご覧ください。

 

p53誘導体配合全分子フコイダンエキスの激安お試しセット情報



p53誘導体 全分子フコイダンとは

ここでは「p53誘導体含有の全分子フコイダン」について少し紹介したいと思います。内容が少し専門的になりますので、製造元でもあるシンゲンメディカル鰍フデータや解説から引用や参考をしながら紹介していきます。

 

結論から言えば、p53誘導体全分子フコイダンとは、厳寒のカナダの海で育ったヒバマタ海藻と、美しい自然に育まれた沖縄モズクから生まれた、がん治癒のための補完医療製品です。
ヒバマタ海藻から微量しか抽出できない高水準のフコイダンを主体に「全分子フコイダン・フコース・フコキサンチン・DBグルコース」で構成されています。
また、p53誘導体DBグルコースは シンゲンメディカル札幌研究所の高橋延昭所長が発見した、p53誘導体の重要な構成要素のひとつで、グルコースを基盤とした独自成分が増殖を繰り返すがん細胞の成長を阻止し、がん細胞増殖抑制作用が期待される重要な成分です。
マウスによる臨床試験では「p53誘導体DBグルコース」を与えた一群において W14固形がんの成長を100%阻害するという驚くべき結果が得られ、それは癌学会でも発表されセンセーショナルな話題なり、多くの注目を集めました。

 

【すべての分子特性を兼ね備えた全分子フコイダン】

 

<p53誘導体 全分子フコイダンの作用>

がん細胞正常携帯復帰

1992年、現シンゲンメディカル札幌医薬研究所所長の高橋延昭氏により、フコイダン分画による「がん細胞の正常細胞復帰」が明らかに…。同社のがん補完医療への研究もここからスタートしました。

アポトーシス誘導

2009年第68回日本癌学会において、フコイダンに微量含有されるカロテノイドの一種「フコキサンチン」によるアポトーシス誘導作用が発表されました。シンゲンメディカルが実施した「ヒトすい癌細胞株HPC-4」を用いた全分子フコイダンならびにフコキサンチンの経口摂取による臨床試験においてその作用が確認されています。増殖や暴走を続けるがん細胞に対し、フコイダンならびにフコキサンチンは直接自滅(アポトーシス誘導)するように仕向けるとされています。

血管新生抑制作用

がん細胞は、栄養補給のために新しい血管を作り成長を加速、その血管をとおして増殖・転移・再発をおこすことが知られていまが、「ヒトすい癌細胞株HPC-4」を用いた全分子フコイダンの経口摂取による臨床試験において、明瞭な血管新生抑制作用が確認されました。

異物抗原提示増強作用

2013年の第72回日本癌学会学術総会において、シンゲンメディカル札幌医薬研究所所長の高橋延昭氏が、フコイダンによる免疫機構への異物抗原提示増強作用を発表。全分子フコイダンにはMHCクラス1およびクラス2の抗原提示機構を増強し、巧みに逃れる癌細胞に目印を立てることで免疫機構による癌細胞への攻撃を発動すると発表しました。

免疫賦活性作用

高分子フコイダンには、ナチュラルキラー細胞(NK細胞)を活性する作用があることが明らかになっていますが、同時にインターロイキン-12(IL-12)とインターフェロン-γ(IFN-γ)の産生を促し、マクロファージやキラーT細胞を活性化させ、人が持つがん細胞を攻撃する力を活性、強化するとされています。
※1:ナチュラルキラー細胞(NK細胞)
自然免疫の主要因子として働く細胞傷害性リンパ球の1種であり、特に腫瘍細胞やウイルス感染細胞の拒絶に働きます。
※2:インターロイキン-12(IL-12)
サイトカインの一つで、T細胞にインターフェロンγとともにはたらき、ヘルパーT細胞へと分化誘導します。
※3:インターフェロン-γ(IFN-γ)
リンパ球から産生される抗ウイルス性の物質で、T細胞とNK細胞によって産生され、抗ウイルス活性、細胞増殖抑制効果、抗腫瘍効果、マクロファージやNK細胞の活性増強などを有します。
※4:キラーT細胞
キラーT細胞はがん細胞を見つけると、がん細胞の細胞膜に孔を開けてタンパク質分解酵素を送って死滅させます。

抗がん剤副作用軽減と相乗効果

抗がん剤はがん細胞を攻撃するだけでなく、無差別に正常細胞をも攻撃するため、その副作用から嘔吐や衰弱により重篤な環境に陥ることも稀ではありません。フコイダンにはこれら副作用を緩和するという報告が各研究機関や医師よりなされており、2007年日本癌学会の高橋延昭所長による報告で、初めてそのメカニズムが科学的に明らかになりました。
海藻は本来、外部からの攻撃から身を守るために優れた防御能力を備えています。ミネラル環境を整えられたフコイダンはこの防御能力によって抗がん剤の正常細胞への攻撃を軽減、逆にがん細胞への攻撃を増大させるとされています。

 

 

 

p53誘導体 全分子フコイダン利用者の口コミについて

p53誘導体 全分子フコイダンには、フコイダンエキスの濃度別に3つのタイプがあります。たとえば部位は大腸。病名は同じでもステージや症状、重篤度などは個々人によって異なります。それぞれの状況に応じて選べるタイプを揃えたことで、いっそう実感できるようになっています。

 

 

【全分子フコイダンエキス 2000】

今すぐにでも必要な方を対象とした最高濃度のフコイダンエキスです。1日1回(1包)〜3回(3包)が目安。
★お客様の声
選択肢も時間も少ない中で、すぐにでも効果を実感したかったので、迷わずにこの製品を選びました。打つ手が少ない状況において、全分子フコイダンエキスは、大変心の支えになりました。
全分子フコイダン利用者の口コミと症例報告はこちらからでも確認することができます。

 

【全分子フコイダンエキス 1000】

未来へ希望をつなぐスタンダードタイプのフコイダンエキスです。1日1回(1包)が目安。
★お客様の声
今後の方針がようやく決まり、これから本格的な自分とのたたかいを控えたタイミングで全分子フコイダンエキスに出会えたことに、大変うれしく思っております。幸いにも当初懸念していたほどの状況ではなかった私には最もふさわしいと思いました。

【全分子フコイダンエキス 500】

経過観察などと併用し、5年後の健やかな日々目指すフコイダンエキス。1日1回(1包)が目安です。
★お客様の声
すべてが一段落してほっと一息つくことができましたが、ふと5年後の自分を考えた時に、摂っておきたいと思い注文しました。5年後といわずにその先のことも考え、これからも永く継続していきたいと思っています。

 

【全分子フコイダンエキスの飲み方】
全分子フコイダンエキスは、p53誘導体を凝縮した濃縮エキスです。食前30分前を目安に飲んでください。ただ、濃縮タイプですから少し味が濃いと感じる方もいらっしゃいます。その場合には白湯などといっしょにどうぞ。
まずは『実感お試しセット』を飲んでから…という方は、以下からどうぞ。


 

 

http://www.mp3artistsonline.com/
http://www.iloveolivebranch.com/
http://www.lermontovskiy.com/
http://www.internetmarketingshowtime.com/
http://www.hatyaiunioncarrent.com/
http://www.gta-nation.com/
http://www.onlinealdara.com/
http://www.onsen-info.com/
http://www.iclypso.com/
http://www.manilahotties.com/
http://www.halibot.com/
http://www.moncoage.com/
http://www.johnsmobileservice.com/
http://www.michaelwheelerphoto.com/
http://www.porvolverteaver.com/
http://www.ladrilloestudio.com/

http://www.philnexttopmodel.com/
http://www.money172.com/
http://www.nitrofocusno3reviews.com/
http://www.maspatch.com/